頸椎損傷

交通事故イラスト

頸椎損傷・頸椎捻挫とは病院での傷病名で、一般的に言われるむち打ち症のことです。

しかし、病院ではレントゲンでの損傷しかわかりませんので、筋肉や神経が事故の衝撃により断裂したり、
ねじれたりしてむち打ちになることの方が多いのです。

病院のレントゲンでは大丈夫と言われても、身体の調子が悪い…。
痛みが治まらないなどむち打ちの症状でお悩みの方はかんのう整骨院におこしください。

頸椎損傷の改善の仕方

頸椎捻挫

頚椎損傷とは?

交通事故治療「頚椎(けいつい)損傷」という言葉を、一度は聞いたことが あるのではないでしょうか。
「頸椎」とは脊椎の上部の、首の骨のことです。

重い頭蓋骨を支えている骨であり、「頸椎」には7つの骨があるため、 首を自由に動かすことができるわけです。 人間の首というのは、とても重要な場所で、 脳から全身への神経が繋がっています。

そのため、頸椎に強い衝撃を受けてしまうと、 まわりの脊髄をも傷つけてしまう場合があり、 そうなると、首から下の部分に障害が起きてしまう場合があります。

損傷した場所や、損傷の程度によって、障害は違いますが、 自分で呼吸することができなくなったり、 体が動かなくなってしまったり、歩くことが出来なくなって しまう場合もあります。
交通事故に遭った場合、その衝撃で首がむちのようにしなるため、 首に強い衝撃を受けてしまうことがあります。
そうすると、首の部分である「頸椎」を痛めて 損傷してしまったりする場合があります。
幸いにして、障害が残るような状態にならなかったとしても、 頸椎を損傷してしまうと、首に痛みが出てしまい、 首からつながっている神経や筋肉などにも、痛みやしびれなどの 症状が出てくる場合があります。
いわゆる、「むちうち症」です。

交通事故に遭った後で、首が痛くなったり、手や足がしびれる、 背骨や肩、腰も痛い、なんとなくだるい… このような症状が出た場合は「むちうち症」の可能性があります。 なかなか治りにくく、慢性化させてしまうと辛いので、松本市・塩尻市の方は早目に「かんのう整骨院」へお越しください。

転院・併院可能です。自賠責保険適用で窓口負担は0円です